運転免許証の返納手続きを簡単に

返納する際の流れを知ろう

返納した方が良い人

人間は高齢になると、認知機能や身体機能が低下してしまいます。
すると車の運転に支障が出るので、運転免許証を返納した方が良いでしょう。
その状態でも無理に運転すると、重大な事故を引き起こす可能性があり、大変危険です。
運転免許証を返納する際は、運転免許センターや警察署に行きます。
どちらの場合でも返納する際の手数料として、1100円を支払います。
さらに申請用の写真も用意しなければいけないので、事前に撮影を済ませておきましょう。

本人が運転免許を返納したいと申請しに行くのが最も良い方法ですが、本人が病気やケガで申請できない状態になっていることもあると思います。
その際は代理人が申請できるので、用意するものを確認しましょう。
基本的には本人が申請する際と変わりませんが、委任状が必要になります。
さらに、代理人の身分を証明できるものも必要だと忘れないでください。

ちなみに運転免許証は、身分証明として使えます。
これまで特に車を運転しなくても、身分証明のために運転免許証を持ち続けていた人がいるでしょう。
その人は返納すると、身分を証明できるものが何もなくて困ってしまいます。
しかし代わりに本人確認書類を受け取れるので、安心してください。
さらに運転免許証を返納した後は地域の交通機関を安い料金で利用できるなど特典がある場合も多く、車が無くても移動手段には困りません。
自分が住んでいる地域には、どのような特典があるのか調べてみましょう。

簡単な手続きで返納できる

好きな時に遠い場所まで行ける面がメリットで、これまで車を所有し、運転していた人が多いと思います。 しかし身体の変化に伴って、運転できなくなってしまうことがあります。 その場合は、運転免許を返納してください。 最寄りの警察署や運転免許センターで、手続きができます。

家族などが手続きをする場合

本人がケガや病気で、警察署や運転免許センターまで行けないことが考えられます。 また認知機能が著しく低下している時は、無理に本人に申請を任せないでください。 家族が代理人になって、返納することができます。 その際は運転免許証や写真の他に、代理人の書類も必要です。

運転経歴証明書とは

返納すると身分証明に使えるものがなくなってしまうので、返納を渋っている人が見られます。 しかし代わりに、運転経歴証明書という書類をもらえるので安心してください。 運転経歴証明書は、運転免許証と同じように様々な場面で、身分を証明したい時に活用できます。