>

運転経歴証明書とは

身分証明の心配はしなくて良い

自主的に運転免許証を返納した人は、運転経歴証明書を発行してもらえます。
これは運転免許証とほとんど同じ能力を持ち、携帯電話を契約する際や金融機関からお金を借りる際に、本人確認書類として使えます。
身分証明書がなくなることを懸念していた人も、これなら安心して運転免許証を返納できますね。

運転経歴証明書は、運転免許証を返納した日から申請できます。
後でまた運転免許センターや警察署に行って手続きを進めるのは面倒なので、返納した日に済ませておきましょう。
運転経歴証明書には名前や住所などが書かれていますが、もし内容が変わった場合は、変更の届出をしなければいけません。
届出をしないと、身分証明書としての能力を失ってしまいます。

別の交通手段を探そう

これまでは自家用車を運転して移動していたけれど、運転免許証を返納した後はどのように移動すれば良いのか悩んでいる人が見られます。
しかし地域によっては、バスや電車を割引料金で利用できるパスを発行しています。
自分が暮らしている地域の制度を調べて、今後の交通手段を決めましょう。

また電動車イスを使い、移動するのもおすすめです。
こちらは運転免許証を持っていなくても運転でき、最高速度でも人間の早歩きと同じくらいです。
ですから歩行者と同じ扱いをされますし、歩行者のルールを守って運転しましょう。
このような対策があるので、運転免許証を返納しても生活に困ることはありません。
前向きに、運転免許証の返納について考えましょう。


SHARE!